伝統と革新が同居する街ロンドン

フランクフルトから飛行機で90分。イギリス/ロンドンを観光しました。

ロンドンの観光地

ビッグベン

国会議事堂の北側にある”ビッグベン”の愛称で親しまれる時計塔です。毎時に大きな鐘、15分毎に小さな鐘が鳴らされます。塔の高さは96m。時代の経過で少しずつ傾いてきているらしい。

ウエストミンスター寺院

ノルマン様式の壮大な寺院。イギリス王室との結びつきが強く、歴代国王の戴冠式が行われてきました。1987年ユネスコ世界遺産に登録されました。

バッキンガム宮殿・衛兵交替式

写真は楽隊のパレードです。あまりの人の多さに交替式の様子はよく見えなかった…

グリーンパーク

バッキンガム宮殿を囲む大きな公園。ベンチに腰掛けて読書する人やジョギングに励む人がいました。可愛いリスもいました。こういうところで一日中コード書いていたい。

ケンジントン宮殿

ケンジントン・ガーデンズの西端に佇む宮殿です。写真はサンクンガーデン。”サンクン”には沈ませたという意味があり、中央を窪ませることで庭全体が見渡せるよう設計されています。

大英博物館

考古学的価値の高い古代の碑文やミイラから世界の民俗資料、東洋の陶磁器など約800万点もの貴重な文化遺産を所蔵する世界最大級の博物館。ロゼッタストーン、人面有翼牡牛像、イースター島のモアイ像、シヴァ神などを鑑賞しました。お土産にロゼッタストーン模様のiPhoneカバーを買いました。

ナショナルギャラリー

モネ、セザンヌといった印象派や、ゴッホやフェルメールなど13-19世紀の西欧を代表する巨匠の作品が展示されています。「ひまわり」「睡蓮」のほか、個人的に気になっていた「空気ポンプの実験」という作品を見ることができて興奮しました。

ロンドンタワーブリッジ

テムズ川にかかる可動橋。ゴシック様式の壮麗な姿は街のシンボルとして愛されています。昔は橋の開閉の動力源に蒸気機関が使われていたとのこと。近くには城塞ロンドン塔があります。

歩いて渡りました。

ロンドンの街並み

ロンドンの街並みはとても綺麗で歩いているだけでも楽しい。

店頭の自転車がお洒落な帽子屋さん。

ここの路地だけ外観が特別カラフル。

Saturday Marketはものすごいにぎわい。

ウィンドウショッピングが楽しい。

マーケットは夜まで大賑わい。

Liberty

イギリスのロンドン中心部、グレート・マルボロ・ストリートにある老舗百貨店。

V V Rouleaux Ltd

Rococo Chocolates

Biscuiteers

Bea’s of Bloomsbury

本場の紅茶でアフタヌーンティー。

ロンドンには4日間ほど滞在して、観光名所と街並みを見てまわりました。自分はこのごろ色に興味を持っているので、ロンドンではお洒落なお店を巡ることで日本で見かけない色の組み合わせが見れて、良い刺激を受けたような気がします。

次はユーロスターでフランスへ移動。芸術の街パリに続きます。

#sightseeing

関連記事

前後の記事