こちらでの生活にも慣れてきた。いつもだいたい朝6時に目が覚めて朝食をとる。10時頃に研究室へ向かい研究を始める。12時から14時くらいまでは研究室のみんなとご飯を食べて休憩。それから19時頃まで研究して帰宅。夕食を食べてシャワーを浴びて24時に寝るみたいな日々を繰り返している。こちらの生活リズムで驚いたのは、みんな昼休憩を長くとること(デザート食べたりコーヒー飲んでる)や割と夜遅くまで研究室に残っていること。ドイツ・DFKIの研究者は短時間集中して17時で帰っていたのでそのイメージで来たのだけれど、そもそも研究機関と大学の違いなのかもしれない。

大学の敷地内にあるアパートホテルに滞在していてとにかく快適。毎週掃除してくれるしキッチンが広いし食器や調理器具が充実しているので日本の下宿より過ごしやすい。部屋にコーヒーメーカーが備え付けてあるのがなんとなくフランスを感じさせる。

食事についても全く心配ない。スーパーで買えるチーズやパスタソースの数がかなり豊富なので、いろいろ試すのが楽しい。おそらく1ヶ月では制覇できないと思う。昼は大学内のカフェテリアだと5ユーロ、市街まで足を運ぶと少し高いが10+ユーロで美味しい料理を食べることができる。

ブルターニュ地方のシードル(リンゴ酒)。昼から美味しいお酒が飲めるのはやはり最高。