Tornadoのデバッグモードを有効にする

Tornadoには多くのWebアプリフレームワーク同様にデバックモードがある。これを有効にすることで、pythonコードの更新をサーバの再起動なしに反映させたり、ファイルのキャッシュを無効にしたり、tracebackをブラウザ上に表示したりといった機能を利用することができる。

デバッグモードを有効にするには、tornado.web.Applicationのインスタンス作成時にhandlersと一緒にdebug=Trueを付加すれば良い。

app = tornado.web.Application(handlers = [(r"/",  IndexHandler)], debug = True)

Applicationクラスを作る場合はsettingsにディクショナリで指定する。

class Application(tornado.web.Application):
    def __init__(self):
        self.board = Board()
        handlers = [
            (r"/", IndexHandler),
            (r"/socket", SocketHandler)
        ]
        settings = {"debug":options.debug}
        tornado.web.Application.__init__(self, handlers, **settings)

自分は下記のようにtornado.optionsを使ってport, debugの2つをコマンドラインから入力できるようにしておき、本番環境と開発環境を簡単に切り替えられるようにしている。

from tornado.options import define, options
define("port", default=8000, help="run on the given port", type=int)
define("debug", default=False, help="run the server in debug mode", type=bool)
.
.
.
if __name__ == '__main__':
    tornado.options.parse_command_line()
    app = tornado.web.Application(handlers = [(r"/",  IndexHandler)], debug = options.debug)
    http_server = tornado.httpserver.HTTPServer(app)
    http_server.listen(options.port)
    tornado.ioloop.IOLoop.instance().start()
#engineering

関連記事

前後の記事