仕事の近況については前回の記事で書いたようにマネジメントに注力する1年でした。研究対外発表はBook Chapterが1報と国際会議・併催ワークショップが4報で、もう少し頑張りたい印象です。その他大きな成果としては、技術見本市CeBITへの出展母校である松山西中等教育学校での講演TEDxNagoyaU登壇などがありました。

2018年はアウトプットの質を高める年にしていきたいと思っています。具体的には、デモやワークショップではなくフルペーパーや論文誌に採択される論文を、締切間際ではなくスケジュール通りに執筆するのが目標です。ソフトウェア開発についても代表作といえるようなものを更新したいです。このあたりは面白い動きがあるのでとても楽しみな年です。