Macのアプリケーションにはユーザ独自のショートカットキーを登録することができる。システム環境設定>キーボード>ショートカットを開いて、アプリケーションメニュー(画面左上にあるメニュー)の名前とキー入力の組み合わせを入力すると登録が完了だ。特にEvernoteにおいて普段よく使っているショートカットキーがいくつかあるので紹介する。

上記のスクリーンショットのように登録すると

  • shift-cmd-N 編集中のノートを別ウインドウで表示
  • shift-cmd-H 網掛けの切り替え
  • cmd-\ サイドバーの表示切り替え
  • cmd-P Atomのcmd-P, Slackのcmd-K
  • cmd-[, cmd-] インデントの増減

ができるようになる。cmd-P(デフォルトだとcmd-J)のインクリメンタルサーチでノートにジャンプする機能は意外と知られていないので、使ったことがなければぜひ試してみてほしい。箇条書きでよく使うインデントの増減については、アプリケーションによってshift-cmd-], cmd-], tabなどと違って覚えるのが面倒なので、AtomやGoogleDriveに揃えてcmd-]にした。